サイエンス体験プログラム in SUWA

 

公立諏訪東京理科大学では、「高校教育と大学教育との円滑な接続と移行によって、地域で必要とされる人材を高校と本学で連携して育成する」ことを目的として、高大連携を推進しています。

その一環として「サイエンス体験プログラム in SUWA」を実施します。

高校で学ぶ内容が、どのような研究に活かされるのか理解することを目的として、普段体験できないような実習実験を行うプログラムです。

iconサイエンス体験プログラムリーフレット(PDF:2MB)

サイエンス体験プログラムin SUWA 2023

開催日 2023年3月10日(金)13:00~16:00
参加費 無料(オンライン講座のインターネット接続料および通信費は参加者負担となります)
申込方法 Googleフォームにて必要事項を入力し送信
URL : https://forms.gle/agnBchpP6b4q2Qzo6
申込期間 2023年2月1日(水)~10日(金)
抽選結果 抽選結果は2月17日(金)にメールおよび郵送で通知します

オンライン講座

開催場所 Web会議システム(Zoom)を使ってのオンライン開催
対象者 全国の高校生
定員 各10名(希望者が定員をオーバーした場合は抽選とします)
コース Aコース ハッカソン:AIコンテストに挑戦しよう!
Bコース Pythonで学ぶ無線通信

対面講座

開催場所 公立諏訪東京理科大学キャンパス内(茅野市豊平5000-1)
対象者 長野県内および山梨県内の高校に在籍する高校生
定員 各5名(希望者が定員をオーバーした場合は抽選とします)
コース Cコース 「IoT入門」~DX実現に不可欠~
Dコース 「材料の高速変形の世界~金属球体を高速で衝突させるとくつく!?~」

コース案内

Aコース 「ハッカソン:AIコンテストに挑戦しよう!」(定員:10名)
情報応用工学科 石井 一夫

【概要】
AIコンテストの紹介を通してデータ分析を行う方法を学びます。有名なAIコンテストであるKaggle、SIGNATEで出された課題をもとに、Pythonを使ったデータ分析を実際に体験します。

【実習に必要な準備、環境】
・パソコンでインターネットに接続できること。(Wi-Fiに接続できる)
・Googleアカウントを取得すること。(ブラウザ上で Python を記述、実行するために必要)
・オンライン会議システム「Zoom」のアプリケーションをインストールをしていること。
Bコース Pythonで学ぶ無線通信(定員:10名)
情報応用工学科 征矢 隼人

【概要】
機械学習等でも用いられるプログラミング言語Pythonの基本的な使い方をはじめに学びます。その後、自作したプログラムによる簡単なシミュレーションにより、電波伝搬の様子を確認することで、無線通信の仕組みを学びます。

【実習に必要な準備、環境】
・パソコンでインターネットに接続できること。(Wi-Fiに接続できる)
・Googleアカウントを取得すること。(ブラウザ上で Python を記述、実行するために必要)
・オンライン会議システム「Zoom」のアプリケーションをインストールをしていること。
Cコース 「IoT入門」~DX実現に不可欠~(定員:5名)
機械電気工学科 平谷 雄二

【概要】
モノがインターネット経由で通信することをIoTと言います。介護で使われる見守りカメラもその一つです。この講座で、どこからでも温度や湿度がスマホでチェックできるお天気ステーションを作ってIoTの世界に入門しましょう。

【実習に必要な準備、環境】
プログラミングや電気工作の経験がなくてもIoTを体験できるように講座を組んでありますので、事前の予習は不要です。
Dコース 「材料の高速変形の世界~金属球体を高速で衝突させるとくっつく!?~」(定員:5名)
機械電気工学科 伊藤 潔洋

【概要】
独自開発の球体衝突試験機を用い、直径3 mmの金属球体を金属平板上に様々な速度で衝突させ、衝突した球体がどのように振る舞うかを観察する実習を行います。この原理がコールドスプレー法と呼ばれる成膜技術などに応用されていることを学びます。

【実習に必要な準備、環境】
・サンダルなどの露出が多い靴は不可
・ExcelがインストールされたノートPCを持参できることが望ましい。

 

《お問い合わせ先》
〒391-0292 茅野市豊平5000-1
公立諏訪東京理科大学 高大連携センタ-
TEL. 0266-73-1345
FAX. 0266-73-1230
e-mail : koudai@admin.sus.ac.jp