新教育研究棟(9号館)の竣工式を行いました

更新日: 2021年03月22日

3月16日(火)、新教育研究棟(9号館)完成に伴う竣工式を行いました。新型コロナウイルス感染拡大状況を鑑み規模を縮小しての実施とはなりましたが、神事・式典には大学関係者他、建設関係業者4社の代表者が参列し、新教育研究棟の完成を祝いました。

竣工式の挨拶では、本法人 唐澤範行理事長から関係者の皆様に感謝を申し上げるとともに「学部生の卒業研究や大学院研究の場として活用し、成果を出してもらいたい。」と挨拶がありました。また、来賓の諏訪広域公立大学事務組合 今井敦組合長からは「大学の新しい象徴として地域連携の拠点となることを期待しています。」との祝辞がありました。式典終了後には、関係者を中心に内覧会を実施しました。

新教育研究棟(9号館)は、工学部卒業研究や大学院研究に対応するための教育研究室の増床、大学院生増加に対応する研究スペースの確保、地域企業との共同研究やシーズ型先端研究開発等の推進強化、地域起業支援等を目的に建設され、2021年4月より運用されます。

9号館全景 

竣工式の様子 

内覧会の様子 

3階(情報応用工学科研究室、院生学習室)

Pocket