高雄市(台湾)の高校生が本学を訪問しました

更新日: 2019年01月24日

茅野市内の学校と交流のある高雄市新興高級中学から、高校生16名が公立諏訪東京理科大学を訪問しました。

本学への訪問が3度目となる江校長(新興高中)から、河村学長へ記念品が贈呈され、大島国際交流センター長とは学生の様子や国際交流などについてお話をされました。

また、橋本助教(情報応用工学科)からの研究紹介を受けた高校生は、画像認識を使って授業中の学生の受講態度を映像から識別する技術や、ドライブシュミレータなどの技術を体を動かしながら体験していました。

江校長からは、訪問した生徒は普通科の生徒だが、ぜひ公立諏訪東京理科大学で研究されている分野に興味を持ち、この大学に進学する生徒が出てくれることを期待しているとご挨拶をいただきました。

 

Pocket