【SUWA-RIKA季節の便り】2016年7月14日

更新日:2016年07月14日

今回の季節の便りは構内の便りではなく、学び舎がある諏訪の便りとして記録しているものを中心にお伝えしたいと思います。
またいつもより少し長めの便りとなりますがお付き合いください。

7年(数え六年)に一度、十二支にして寅と申の年に行われる「諏訪大社式年造営御柱大祭」。今回はこのうちの「ちの・宮川区」の塚原地区の小宮(地区の神社)での御柱祭りのための綱を作成する綱打ちにおじゃまさせていただきました。人数の関係上中々ほかの地区ではできないこの小宮のための綱打ちを単独で行ってすでに5回目とのことで、今回も青年会の皆様の音頭の基に8本の綱打ちととぐろ巻きを6時間ほどかけて行われました。塚原地区の老若男女様々な氏子の方々のご尽力で作成されたこれらの綱は小宮祭まで地区内の6つの銀行支店とホテルなどで保管されます。

今回塚原地区の氏子の皆様には大変お世話になりました。
この場を借りて改めてお礼申し上げます。ありがとうございました。

また撮影許可とこの場では紹介しきれないほど多くの写真と動画を撮影させていただきました。
今秋での理大祭での展示などでご紹介させていただきたいと思います。

写真撮影・文責:写真部

 

本日の最高気温 : 29℃
本日の最低気温 : 21℃

Pocket