令和元年度電気通信設備工事担任者資格の取得 に向けた夏季集中講義を実施

更新日: 2019年09月11日

本学では学生の国家試験などの資格取得に関して積極的に支援しています。

 

令和元年11月24日(日)に行われる電気通信設備工事担任者の最上位種であるAI・DD(アナログ・デジタル)総合種の資格取得試験に向けて、外部講師による集中講義を行いました。

今年は13名の学生が9月2日、3日の2日間、夏休みにもかかわらず熱心に受講しました。

この資格は総務省が主催する国家資格で通信ネットワーク設備の建設やネットワークに接続する端末設備の工事を行う際に必要なものです。

 

試験科目は以下の3科目です。

①電気通信技術の基礎
②端末設備の接続のための技術及び理論
③端末設備の接続に関する法規、

 

これまで、大学で学んできた電気回路、電子回路、通信工学、ネットワーク工学などを基にインターネットや通信端末に関する様々な技術や法規について、各自ノートに書き込むなどして熱心に勉強していました。

 

例年、本資格の取得者は通信業界を中心に就職活動を有利に展開しています。

集中講義受講の様子1

集中講義受講の様子2

Pocket