アクティブラーニング教室を新たに整備しました

更新日: 2016年03月11日

本学に新たに整備したアクティブラーニング教室の特長は、1人掛けの可動机を基本として、従来の教室では不向きであったグループ単位での共同作業の実施から教室を広く使うポスター発表等への素早い切替にも対応します。壁全体に大型のホワイトボードとプロジェクターを設置し、グループ討論などが効果的に行えます。

これらの整備は、私立大学等教育研究活性化設備整備事業「教育の質的転換」に採択され実施しました。

写真は3月8日に開催した工学部入学前イベントの様子で、高校生がロボット商品開発のワークショップに当該教室で取り組んでいる様子です。参加者は5グループ(23人)。午前は技術講習、午後は企画と試作に取り組み、最後に開発した商品紹介のプレゼンを行いました。

20160311-101

 

Pocket