NASAの公式カレンダーが諏訪理科大・河村学長の実験内容を紹介

更新日: 2016年03月09日

アメリカ航空宇宙局 (National Aeronautics and Space Administration:NASA)が発行する国際宇宙ステーション(ISS)の2016年公式カレンダーに、諏訪東京理科大学の河村洋学長がISSの日本実験棟「きぼう」で行った微小重力環境下での表面張力差による対流「マランゴニ対流」の実験が紹介されました。

※NASAカレンダーに掲載された写真は「ワインの涙」(地上準備実験の様子)。
「ワインの涙」は、ワインが蒸発するとき表面張力の差が出来るために生じる現象で、マランゴニ対流の一つです。

20160309-101

東京理科大学のfacebookでも紹介されています。
東京理科大学facebook

 

Pocket