令和元年度 学位記授与式を挙行しました

更新日: 2020年03月23日

3月18日(水)に、令和元年度(2019年度)学位記授与式を挙行いたしました。

工学部 機械工学科47人、電気電子工学科39人、コンピュータメディア工学科54人、経営情報学部 経営情報学科44人、計184人に学士の学位を授与しました。また、大学院工学・マネジメント研究科・修士課程4人に修士の学位、同博士後期課程1人に博士の学位を授与しました。

本年度は新型コロナウイルス感染症の国内感染の拡大により感染リスクが高まっている状況に鑑み、出席を卒業生のみとし、保証人の方にはインターネット上でのライブ配信をするなど、式典の規模を縮小して実施しました。

小越学長は告辞において、卒業生、修了生に対して、今年度は新型コロナウイルス感染症の感染予防の観点から規模を大幅に縮小して学位記授与式を執り行うこととなり大変残念なことであったが、ここに出席できない方々の心の声を感じながら式に臨んでいただきたい、また、社会の困難を克服する新しい考え方を創出する、あるいはイノベーションを行うなどにより、社会状況やルールを変えるような意味合いでの「ゲームチェンジャー」となり、希望に満ちた社会変革を実現することを期待している等のメッセージを送りました。

 

icon学長告辞全文(PDF:265KB)

icon理事長祝辞全文(PDF:216KB)

 

   

 

Pocket