2010年のオープンキャンパス

2010春のオープンキャンパス 開催報告

3月13日(土)、新三年生、二年生および保護者を対象とした春のオープンキャンパスを開催しました。『長野県の大学に進学することの意義』と題した学生トークセッションではこの3月に卒業の学生が、本学がなぜ就職に強い大学なのか、地元の企業とのつながりや地域社会への貢献など具体的な事例をもとに、熱く語りました。

その後、高校生のみなさんは、各学科に分かれての体験講座、研究室公開ツアーなどを実施しました。また保護者のみなさんは、保護者を対象とした特別講演会、ズバリ「進学のお金講座」と題して、ファイナンシャルプランナーの外部講師を招き、進学にかかる費用、各種支援制度など、保護者として知っておきたい情報について説明しました。

参加者は、高校生が58名、保護者43名、合計101名に参加いただきました。

オープンキャンパス2010写真1

全体会、各学科の紹介

オープンキャンパス2010写真2

学生によるトークセッション
<長野県の大学に進学することの意義>

オープンキャンパス2010写真3

モータ/発電機のしくみと磁気浮上
<研究室公開 電子システム工学科>

オープンキャンパス2010写真4

太陽の力で飛ぶソーラープレーン
<研究室公開 機械システム工学科>


オープンキャンパス2010写真5

ファイナンシャルプランナーによる
<進学のお金講座>


オープンキャンパス2010写真6

入試形態や、学生生活についての質問が寄せられた<なんでも相談>

オープンキャンパス2010写真7

お楽しみの学食無料体験

オープンキャンパス2010写真8

本日のスペシャルメニュー
『チーズハンバーグランチ(アップルパイ付)』