講義系講座 社会・経済・経営

対象 :齢=高齢者 社=社会人 高=高等学校 中=中学校 小=小学校
対象 番号 テーマ 概要/講師
04 急変する中国 2012年からの習近平政権も中期に入ってきた隣国中国。何ごとにおいても中国を度外視して考えることはできない状況にあります。それ故に中国の全体像について理解を深めておく必要があります。本講では、次の二つのパートから中国の全体像を学びます。 (1)「中国社会を歴史から考える」、 (2)「中国の対内・対外政策を考える」

五味 嗣夫 教授/経営情報学部

05 株価の動きで何が変わる 「株価」はなぜ、毎日ニュースで話題になっているのでしょうか。株式を発行して資金を調達する株式会社、株式に投資をして利益を得ようとする投資家、などいくつかの立場からその意味を考えてみましょう。企業に勤めていない人や株式で資産運用をしていない人にとっても、実は全く関係ない話ではないのです。「株価」を通じて、世の中の金融の仕組みに触れてみましょう。

鳥居 陽介 講師/経営情報学部

06 『もしドラ』で学ぶ経営学(入門) 大ベストセラーになった『もしドラ』(もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら)の映像(アニメ)を交えながら、P.F.ドラッカーの『マネジメント』のエッセンスについて学びます。講義は、経営学入門の位置づけで、人的資源管理やイノベーションなどの各トピックスについて、取り上げていきます。

山縣 宏寿 講師/経営情報学部

07 高校生のうちに学んでおきたいキャリア教育 本講義は、将来、何かしらの形で働き、生計を立てていくことを念頭におきながら、近年における「働き方」・「働かせ方」の変化に係る問題を取り上げていきます。具体的には日本の労働市場の特徴や、若年労働に纏わる問題をはじめ、企業内におけるキャリアの位置づけの変化などについて、できるだけ平易な言葉で、高校生向けにわかりやすく解説していきます。

山縣 宏寿 講師/経営情報学部