2012優秀賞

B5グループ:
自然、歴史、文化の観光資源あふれる蓼科中央高原をプロモーションせよ

「パンデミック」( 感染爆発)をキーコンセプトとし、企画を行った。企画と しては、はじめに蓼科中央高原の既存の客層をターゲットとし、イベントやお土産物の 販売、宿泊等の各種サービスの提供を行う。その上でそれらのサービスを通じて、利用者 の口コミで新規利用者を拡大( 感染)させていく方策について検討を行うことで、他の 企画との差別化を図った。具体的には、北八ヶ岳キャラクターの「コケ丸」をモチーフとした「コケ饅頭」の販売、高原内の旅館、食事処、レジャー施設で使えるポイントカードの発行などについて提案を行った。

プランの詳細を見る(PDF)

A6グループ:
自然、歴史、文化の観光資源あふれる蓼科中央高原をプロモーションせよ

蓼科には豊かな自然、有名なホテルなど豊かな観光資源を有し、同エリアは、子どもやお年寄りをターゲットとするリゾート、別荘地の他、自然観察を楽しめる場所となっている。しかし、本グループは、それらの特色だけでは新しい客層を必ずしも十分に引きこめないと考えた。そのような考えのもと、本グループは新しい顧客をつかめるように、ゼロベースから新しいイメージを蓼科につくる方向性で活動を行った。本グループが提案する新イメージは「蓼科≒出会い」で、全国でも有名な出会いのスポットとして多くの人に足を運んでもらうことにある。そのイメージをつくるための斬新なツアープランとして、仮面パーティーとサバイバルゲームの提案を行った。

プランの詳細を見る(PDF)

C5グループ:
理系離れを阻止 小学生の算数・理科の” 分からない” を克服する教育方法を企画せよ

日本学生の理数離れ・運動不足が叫ばれる昨今だが、長野県茅野市にある泉 野小学校も例外ではなく、先生方は困窮していた。我々は理数離れを解消する策として学 校のカリキュラム内で扱え、かつ汎用性の高い教材としてナンバーリンクというパズルの 応用を提案。運動不足解消には冬季の小規模学校でも児童が楽しく運動できる新しい ドッヂボールを考案した。学校はこの二案を採用頂き、児童がいっそう充実した学校生活を送ることを切に願う。

プランの詳細を見る(PDF)

D1グループ:
萌え観光で地域産業を活性化 諏訪の力を生かしたナイスおみやげをプロデュースせよ

スターインダストリーズでは、「諏訪地域活力創出」を基本方針とし、地元諏 訪地域活性化計画として、諏訪地域のあらゆる場所に諏訪課金装置の設置を提案する。この課金装置のメリットは3つあり、1つ目は課金装置をポイント制にすることによっ て課金された金額よりも多めにポイントが付くこと。2つ目はポイントでしか購入でき ない商品があること。3つ目は景品交換システムがあること。またデザインを諏訪地域に縁のあるものにし、景品を大人から子供まで興味を持つものにすることによってターゲットとなる顧客を大幅に広げることができる。

プランの詳細を見る(PDF)