2009年優秀賞

A5グループ:エネルギー資源を活用した、ecoモデル都市とecoカジノによる経済発展

エネルギー源の確保が簡単で、地球にもやさしい太陽光発電。ユビキタス性、高効率で環境負荷が少ない地中熱ヒートポンプ。

この二つのエネルギー資源を利用し、自家発電による茅野市をeco推進モデル都市にし、地域活性化を促す。また、経済発展させるためにecoカジノを建設する。ecoカジノは日本独特のゲームにし、海外カジノとの差別化を図り、海外からも集客する。

B2グループ:環境・エネルギー資源を活用した地域振興

棄てるものからエネルギーを取り出せないか?」と考え、バイオマスのエネルギー利用とその諏訪湖への応用を考えた。

諏訪湖を汚染している下水:棄てるもの(排泄物)を資源として活用する。低コストでエネルギー(メタンガス)を獲得し、諏訪湖圏内でのバス(観光•路線)運行に利用する。メリットとしては、資源が枯渇しないため安定した供給が可能。デメリットはインフラ整備が必要。設備導入費用がかかる。

C5グループ:雪氷熱エネルギー利用

冬期−10℃を超える茅野市の寒さを冷房や農作物の貯蔵に利用することで、茅野市の農業•観光発展に繋げ、活性化を目指す。

冬に作った氷を夏に利用するアイスシェルターを活用。氷冷房システムの開発•導入。長期間コストをかけず水分を保てる冷貯蔵に利用。氷雪エネルギー利用の導入は、「環境保全型農業の実現」に新たな可能性を与える。

D3グループ:木質バイオマスエネルギーを活用した地域活性化計画

「CO2排出量が少ない地熱発電を利用した諏訪地域でのビジネスモデルを考えた。諏訪地域には温泉が豊富。温泉を利用した温泉発電という地熱発電を利用する。アンモニアと水の混合物を利用した熱変換:カリーナサイクルを利用した発電方法は効率的に発電できる方法。温泉業界が使用しない高温の温泉水を使用するため共存が可能。計算では約9年で元がとれる。